2012年12月08日

シルクの保湿力はすごい!天糸の絹艶(てんしのきぬつや)

天糸の絹艶(てんしのきぬつや)の特徴といえばシルク。

明治時代のころからシルクの主成分「フィブロイン」
お肌をキレイする成分であることは研究されてきました。

数年前シルクダイエットというのがテレビで紹介され、
化粧品に限らず美容・ダイエットの効果も期待される成分です。

天糸の絹艶(てんしのきぬつや)のフィブロインは
その特徴である肌への親和性の良さから
潤い成分をお肌の角質の奥まで浸透させます。

奥の奥まで浸透した潤い成分で潤いを長時間感じることができます。

このフィブロインは高い保湿成分である
グリシン・アラニン・セリンといったアミノ酸の量はコラーゲンよりも上です。

これがシルクの潤い効果が高いといわれる理由なのです。


保湿力の高さはコラーゲン以上!!
シルクの効果天糸の絹艶(てんしのきぬつや)
詳しくはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



天糸の絹艶(てんしのきぬつや)




posted by 天使の絹艶(てんしのきぬつや) at 20:57| 感動の潤い!天糸の絹艶 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。